"?> クルマの廃車手続き方法と事故車の買取り

中古車を処分するときと事故車を処分するときでは方法が違う

中古車を処分するときと事故車を処分するときでは方法が違うのを知っていますか?同じように買い取ってもらうとしても事故車の場合には上手くいきません。ガリバーやカーチス、ラビット、ティーアップなどの中古車買取り専門業者は主に日本国内で日本人に販売する目的で買取りするため、日本人の好みに合わないクルマは査定、見積りさえしてくれません。

また運よく見積りしてもらえたとしても、事故車では廃車費用が2〜3万円はかかると言われるのがオチです。ヨーロッパなどでは事故車も含めて中古車の価格と云うのは新車価格に比べて2分の1くらいには通常なります。それが例え、10万キロ以上であっても、新車購入から10年以上経過していてもです。海外では中古車や事故車でも値段の下落は日本ほどではありません。

そのため一度、クルマを購入することが出来れば、次に何かを購入しようと思っても比較的、楽にクルマを購入することができるわけです。

ですが、日本では、新車に比べて、中古車や事故車の流通というのはあまり普及しているとは言い難い現状です。新車購入時は200万円、300万円としても、10万キロ以上、新車購入から10年以上に経過していた場合、中古車として流通しても10万円、20万円の価格くらいにしかなりません。

事故車の場合、国内で販売することさえ難しいでしょう。では、どうしたら良いのか?